重要

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

2021年03月31日

当法人では、新型コロナウイルスをはじめとする感染症対策を実施しております。

【職員に対する取り組み】
(1)手指消毒を徹底し、サージカルマスク・ゴーグル・ガウン等の適正な使用を教育・指導しております。

(2)定期的な換気や定時の消毒(テーブルやドアなど手の触れるところ)を実施しております。

(3)不特定多数が集まる会食・イベント・集会等への出席を感染状況に応じて
制限しております。

(4)食事中に会話はせず、休憩中はマスクを着用し十分な間隔を保った上で会話するよう指導しております。

(5)毎日の体調チェックを徹底し、体調不良時は就業を制限しております。
また、必要に応じてPCR検査を実施しております。

(6)体調不良者の症状・経過等を各部門管理職で共有し、検査・受診状況を把握し、就業再開にあたってのルールを策定し個別に判断しております。

(7)職員の密集を避けるため、ワークスペースを分散させ、リモートワークやオンライン会議を実施しております。

【医療・介護サービス提供における取り組み】
(1)外来診察では待合室前での体温測定を行い、待合室は座席にアクリル板の仕切りを設置し、間隔をあけてお座りいただくようにしております。

(2)発熱や咳などの症状がある患者さまには、必ずお電話で連絡の上、予約診察が終了してから時間を決めて来院いただくようにしています。

(3)患者さま、ご利用者さまのお宅へ訪問する前、デイサービスご利用前には、その日の体調をお電話で確認させていただいております。

(4)サービス提供にあたってはサージカルマスクを着用し、入室前後、ケアの前後には必ず手指消毒を実施します。

(5)患者さま、ご利用者様の体調に応じて適切にゴーグル・手袋・ガウンなどを着用します。

(6)外来通院中、訪問サービス、通所サービスご利用中は、患者さま、ご利用者様におかれましてもマスク着用をお願いしております。

(7)デイサービス・グループホーム・ショートステイでは、ご利用者さまの共通スペースにおいて、アクリル板の仕切りを立て、飛沫防止策を行っております。

(8)グループホーム・ショートステイでは、入所者のご家族さまの面会を、感染拡大状況に応じたルールに基づき制限・中止にご協力いただいております。同時に、オンラインによる面会を実施しております。

【その他】
(1)京都市内の感染者数の推移・傾向を常に把握しております。

(2)感染予防策に必要な物品(消毒液・マスク・手袋・ガウン等)を十分に備蓄しており、使用数に応じて随時補充し備蓄管理を行っております。