訪問診療・往診

患者さまの幸せを第一に
安心できる暮らしを徹底的にサポートします

訪問診療・往診とは

医療機関に通院することが難しい方を対象とし、ご高齢の方、認知症の方、神経難病やがんなどの進行性の疾患で在宅療養をされている方、医療的ケアの必要な小児の方、限られた余命を望む場所で過ごしたい方など、様々な方に利用していただいております。訪問診療と往診とは、ご自宅やお住まいの施設に医師が定期的に訪問し診療を行うことを訪問診療と呼び、そこでの情報をベースとして、日々の生活の中で体調が変化した時にすぐに対処ができるよう、24時間365日、夜間や日曜・祝日も医師と看護師が待機し、必要時に診療を行うことを往診と呼んでいます。訪問診療では、患者さまの生活環境や、どんなことを望んでおられるかを適切に汲み取り、支援することが重要と考えます。「訪問診療や往診があるから安心してお家で過ごせます」「先生にお任せできてよかった」そんなありがたいお声も多くいただいてまいりました。都会では、地域に貢献したいという強い思いのもと、皆さんが住み慣れた場所で生活を続けていくための安心の一部になれるよう、より良い医療の提供を志しております。

訪問診療・往診の対象となる方

慢性の病気(肺疾患、心臓病、
糖尿病など)をお持ちの方

悪性腫瘍(治療中、
緩和ケアなど)の方

脳卒中の後遺症、
頭部外傷の後遺症の方

神経難病(ALSなど)の方

骨折など整形外科疾患の方

認知症の方

小児疾患の方

その他、外来通院が困難な方

  • 【訪問診療の内容】
  • 訪問診療は、通常2週間に1回、事前に予定日時をお伝えした上で訪問いたします。
    但し、療養者さまの状態に応じて、ご相談の上訪問回数を増減することもあります。

    ■普段の訪問診療で行うこと
    問診・身体診察・お薬の処方・療養相談

    ■必要に応じて以下を実施
    血液検査、尿検査、心電図、超音波検査
    点滴、注射
    傷・褥瘡・皮膚疾患の処置
    胃瘻・鼻腔の栄養チューブ、排尿のためのカテーテル、気管カニューレの管理・交換
    在宅酸素療法、人工呼吸器の管理
    在宅中心静脈栄養の管理
    インスリン注射の管理
    在宅緩和ケア(医療用麻薬の内服や持続皮下注射による痛みのコントロールなど)
    在宅での看取り
    入院が必要な場合の連携病院への紹介・手配
    CT、MRIなどの画像検査が必要な場合は、病院への予約手続き
    薬剤師との連携による安全な薬剤調整
  • 【連携医療機関】
  • 京都府立医科大学付属病院、京都大学医学部付属病院、京都第一赤十字病院、京都第二赤十字病院、京都鞍馬口医療センター、京都民医連中央病院
    その他状態に応じて、​堀川病院、西陣病院、薬師山病院などの地域の病院

事業所一覧

渡辺西賀茂診療所 渡辺西賀茂診療所

渡辺西賀茂診療所機能強化型在宅療養支援診療所

​弊所は、ご自宅で療養しながら生活したいという患者さまの希望をサポートする、機能強化型在宅療養支援診療所です。同法人内には訪問看護、リハビリ、デイサービス、ショートステイなど、日常生活を行っていく上でのサービスが整っており、各職種間の連携をワンストップで行えるのが特徴です。訪問診療を入り口にしながら、医療と介護が職種を超えてチームとなり、患者さまの生活をトータルで支えていきたいと考えております。また、当院ではご自宅での緩和ケア・看取りについても多くの実績を積み重ねてまいりました。「最後の時間こそ、住み慣れた家で自分らしく過ごしたい」そんな願いを叶えるべく、体と心の苦痛を和らげながら、日々の暮らしを安心感と満足感を持って過ごせるお手伝いを致します。ご家族のケアも含めて、全力でサポートさせていだきます。どうぞお気軽にご相談ください。

事業所概要

事業所名
渡辺西賀茂診療所
住所
〒603-8832 京都市北区大宮南田尻町59 医療福祉複合施設にしがも3階
電話番号
075-493-2124
FAX番号
075-493-5584
事業所番号
2610105278
訪問エリア
京都市北区・上京区・左京区・下京区・右京区(その他の地域は要相談)
管理者
渡辺 康介
副所長
小原 章央
​利用料金
パンフレット
パンフレット・料金表【PDFファイル】

医師紹介

渡辺 康介(わたなべ こうすけ)

京都府立医科大学 卒 日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医・指導医 京都府立医科大学臨床准教授

高齢化が進んだ現代は、医療が病院だけで終わるのではなく、患者の生活の部分まで踏み込んでいく必要がある時代と考えています。通院すること自体が困難である方に、医療が手を差し伸べ、訪れるのを待つのではなく、こちらから向かっていく。我々は、そういった時代になる前から「おせっかいの心」で訪問診療を「当たり前」のものとして続けてまいりました。その間に得た経験や知識、技術でもって、より良い訪問診療のあり方を模索し実践し続けております。
患者のみなさんが紡いできた物語の脇役のひとりとして、その物語が幸福なものとなるよう、最後まで寄り添い、支え続けていきます。

小原 章央(おばら あきお)

宮崎医科大学 卒 京都大学大学院修了(医学博士) 日本在宅医療連合学会認定在宅医療専門医・指導医 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医 日本糖尿病学会認定糖尿病専門医 日本医師会認定産業医 認知症サポート医

ご自宅で生活しながら医療を受けるということは、病気のことだけではなく、それと付き合いながら暮らしていくことを考える必要があります。訪問診療は生活を支えるツールのひとつであり、すべてを補うものではございません。しかし、都会では医療と介護の両面から総合的にサポートを行うことができます。医療だけでは不十分なこと、介護だけでは不足すること、それらをタイムラグなく密接な連携でもって補い合うことができます。
様々な選択肢がある中で都会を選んでいただいた以上は、その方が望まれる生き方、そしてなによりもこれまで過ごされた日常を、これからも変わらず続けていけるよう、医療と介護の両面で精一杯サポートしていきたいと考えております。

野崎 健一(のざき けんいち)

大阪医科大学 卒 皮膚科医師

皮膚疾患はその進行が目に見えるため、患者さまご自身の判断で、見た目が直っていればそのまま放置してしまうというケースが多々あります。しかし、その多くが内部で炎症などが残ったままとなっており、再発することも少なくはありません。また、床ずれ、かゆみ、爪のトラブルなど、日常生活を送るうえで支障となるものもあり、皮膚へのケアはより良い生活をおくるうえで、軽視することはできません。
都会では、京都では数少ない皮膚科の往診を実施しております。通院が困難で、皮膚にお悩みをもたれてる方は、ぜひ一度ご相談ください。

乾 将吾(いぬい しょうご)

京都府立医科大学 卒 日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医・指導医

大学入学とともに京都に来ることになり、医師になりました。私は医師として特別優れたわけでもなく、何か大きなことを成し遂げた経験もありません。そんな自分が家族や尊敬できる仲間、上司に恵まれたことは本当に幸運だと思っており、日々感謝を忘れないように心がけています。
また、患者さまに常に寄り添い続けるという姿勢を持ち続け、少しでもその生きる支えとなれればと考えております。医療に携わっているなか、最も患者さまに近い在宅医療に携わることになったのも、ご縁あってのことだと思います。まだまだ未熟な点も多いですが、よろしくお願いいたします。

藤原 佳子(ふじわら けいこ)

千葉大学医学部卒 千葉大学医学部附属病院産婦人科 1年、船橋二和病院 産婦人科 リハビリテーション科 9年、大阪医科大学附属健康科学クリニック 3年、高雄病院京都駅前診療所(漢方専門外来) 3年、京都工業保健会神戸健診クリニックなど勤務

私が仕事をする上で、心掛けていることが3つあります。 ひとつめは、私が、患者さまやそのご家族の立場だったら、こうして欲しいと思う医療をお届けできるように努めることです。
2つめは、ごく単純なことですが、楽しく働くことです。
患者さまのこれまで生きてこられた歴史や暮らしぶりに関するお話をお聞きすることはとても楽しいことです。
医者と患者という立場の違いはありますが、人間同士の関係に少し近づいて、患者さまも、医療スタッフも、お互いの出会いを楽しみ、喜べるようであると、嬉しいなあと思います。
3つめは、個人的なことですが、私自身の体力を維持向上させるように心掛けています。ミスをしないためにも、明るく楽しく働くためにも、日々の生活の中で出来るだけよく歩き、よく身体を動かして、よく眠り、体力を保つよう努めております。
京都の地で、長年、在宅医療に取り組んできたクリニックの一員として仕事をさせていただけて、大変ありがたいと思っています。今後とも、どうぞよろしくご指導のほど、お願いします。

ご利用された方の声

子供が入院中は自分を責めてばかりいたけど、在宅に戻ってからの介護に後悔はない。笑うこともできるようになって、子供の生きている意味があることを実感できました。

病院に入院していたら、みんなとずっと一緒に過ごせなかったので、本当に幸せです。

父の人生の最期に、これだけ信頼できる方々と出会えたことは本当に感謝しかありません。

診療所の人が来ると賑やかで楽しいんです。父もそう思っていたと思います。

ご利用までの流れ

​1.お電話・お問い合わせフォームからご相談下さい。

まずはお気軽にお電話または当サイトのお問い合わせフォームからご相談下さい。本人さま、ご家族、担当ケアマネージャー、入居施設等からも受け付けております。
お電話:075-493-2124(相談受付:月~土曜 9:00~17:00 緊急時:24時間365日対応)

2.事前訪問・面談・各費用や保険などのご説明

自宅療養中の方はご自宅で、入院中の方は退院前カンファレンスの場で面談をさせて頂き、本人さま、ご家族、担当医師、担当ケアマネジャー等から、現在の状況などを詳しくお聞かせ頂きます。同時に、在宅療養について、医療費・健康保険・介護保険等のご説明を行います。

3.担当者会議・退院前カンファレンス

本人さま、ご家族に同席頂き、ケアマネジャーを中心に担当医師、訪問看護師、訪問介護士、訪問薬剤師等の在宅療養をお手伝いするチームが集まり、患者さまに合った療養環境が整えられるよう話し合いを行います。。

4.初回訪問

担当医師、看護師がお伺いします。入院中の方は原則、退院日にお伺いします。
初回訪問以降は訪問頻度をご相談し、定期的な訪問診療に伺います。
緊急時の場合は、24時間365日いつでもご連絡いただければ、必要に応じて往診をいたします。

お電話でのお問い合わせはこちら

☎ 075-493-2124

医療法人社団都会 渡辺西賀茂診療所
相談受付 月~土 9:00~17:00

Webからのお問い合わせはこちら

相談申し込みフォーム

どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。
担当者よりご連絡させて頂きます。